カザケーヴィッチ先生の学習は一直線に

 みなさんに真実を隠すことはいたしません−ロシア語は実に難しい言語です。でも、習得が不可能であるという意味では全くありません。可能です!全く可能です!

 ロシア語に関する二つ目の真実は−この言語は非常に美しく、豊かで、表現力に富み、理論的で、極めて繊細な意味を的確に伝え、旋律的で非常に調和的な言語であるということです。

 学者であり詩人でもあるモスクワ大学の創設者ミハイル・ロモノソフは、ロシア語の極めて興味ある特徴を次のように書いています。

 「ローマ皇帝カール五世の言葉によると、スペイン語は神と話すのにふさわしく、フランス語は友人と話すのにふさわしく、ドイツ語は敵と、イタリア語は女性と話すのにふさわしい。だがもし、カール五世がロシア語を知っていたら、彼はもちろん次のように加えたであろう−しかし、ロシア語はあらゆる人たちと話すのにふさわしい。なぜなら、ロシア語にはスペイン語の壮麗さ、フランス語の活気さ、ドイツ語の強靭さ、イタリア語の柔和さがあり、しかも古代ギリシャ語やラテン語の豊かな、しかし視覚的描写力に強い簡潔さがあるからでもある」と。

 すばらしく、また非常に誠実な言葉です。実際、標準ロシア語は、他のヨーロッパの譜言語より若々しいので、古代ヨーロッパ語の長所も現代ヨーロッパ語の長所も多く取り入れることができたのです。この他、ロシアが東洋と西洋の分岐点に位置していることから、ロシア語に東洋の言語の豊かさも充分に吸収することができたのです。

 想像してみてください。文字Aで始まるはとんど全てのロシア語の単語は、ロシア語本来の言葉ではないのです。

 こんなわけで、私はみなさんにお祝いの言葉を言いたいのです。みなさんは驚くほど豊かな美しい言語、それ故にあまり易しいとは言えない言語を勉強しているのです。恐れずに頑張ってください。  (続く)

 〔大事なこと─恐れてはいけません〕
 しかし、大事なことは恐れてはいけないということです。ロシア語の勉強は、みなさんの興味深い、ある程度冒険的でさえある、まったく新しい世界への旅行なのです。少なくとも、すでにロシア語学習を一年終えた私の知っている日本人はみな、このように考えています。

 学校の数学で習ったように、2点間の最短距離は直線です。この直線の道を外国語の習得ではどのように探るべきでしょうか。他の、そして遠い(言語体系の面で)言語をいかにより効果的に学び、習得するべきでしょうか。私にとってこれは難しい問題です。でも、今日私は、ロシア語教授の長年の経験とほんのわずかな私の日本語の学習経験をみなさんにお話ししようと思います。

 私の最初の助言はすでに話しましたが、もう一度繰り返します。大事なことは恐れるなということです。困難を恐れてはいけません。困難は克服されます。誤りを恐れてはいけません。誰でも誤りをします。教師もロシアの作家たちでさえします。ロシア人と接するのを恐れてはいけません。

 ロシア人と会話をしようとする初めてのチャンスでは下手なロシア語で充分です。「ズドラーストヴィツ
チェ(今日は)」 「ダスヴィダーニヤ(さようなら)−これだってすでに交流であり、すでに異文化との接触なのです。頑張ってください。

 まだあります。自分の年齢を恐れる必要はありません。どの年齢であっても、それ自体素晴らしいのです。
それに、言語を学ぶのに、それぞれの優位牲があるのです。心理学では次の様に認めています。

 18歳−25歳は記憶力と思考力のレベルの高揚が特徴づけられ(このことは私たちみんなが自分の若い時のことを覚えています)、26歳−29歳では記憶力で低下が見られますが、その代わり注意力の高揚があるのです。また30歳−33歳では記憶力、思考力、注意力の高度な発達高揚があります。34歳−40歳では、それらの低下はあっても、またさらにわずかな高揚があります。

 それ以上の高い年齢でも悪いとは限りません。外国語を学ぶのにまったく充分な記憶力のレベルは50歳
−55歳まで保たれ、それに加えてすでに人生経験、学問の経験や忍耐強い根気強さを持っています。最後
の喜ばしいニュースは70歳過ぎても人間の記憶力は新しいものを身につける能力があるのです。

役に立つ格変化の語尾表作り
      新単語はイメージ形象で記憶
 〔自分の知識を体系づけてください〕
 資料を体系的に整理することによって、新しいことは容易に覚えられます。例えば、私は日本語を勉強する場合、いつも新しい形容詞、副詞、動詞を反意語と対で書き留めるよう努めています。(興味深い−退屈な)(良い−悪い)(働く−休む)。
 他の場合には同意語も探します。(働く−勤労する)、或いは言葉のランクを定めます。(素晴らしい、良い、普通、まあまあ、悪い、大変悪い)、或いは新しい言葉をテーマ毎にグループ分けします。(食料品、身体の部分、「朝の」動詞−起床する、洗面する、歯を磨くなど)
 どの教科書或いは辞書にあるロシア語の格変化語尾表−これもまたシステムですが、もし皆さんがこの表を自分で作り、自分のシステムを作れば記憶するのに役立ちます。例えば、授業で教師が皆さんに第6格(前置格)を説明して語尾を示しましたら、家で皆さんの自分の表に、この情報を書き留めてください。文例−質問
−前置詞−語尾−意味というように。前置格のときは次のようになります。
 Я живу в Москве. (私はモスクワに住んでいます)−где?− (どこに)−в・на−е−場所
 Я работаю на почте(私は郵便局で働いています)
 後で教師がこの格について話し、その他の格を説明すれば、皆さんの真に補足していくのです。モスクワ
大学で学生たちに提示している表のうち、第2表がモデルで、第1表は学生が自分で補足していくものです。
 皆さんは、この表を常に授業の時、或いはロシア語の学習の時、傍らに置くといいです。絶えず表を見ながら、順次すべての語尾を記憶してしまえば、この表の紙をくず箱へ安堵の胸をなで下ろして捨てることができるのです。でも、捨てる前に皆さんはその表の紙に「ありがとう!」と言うと私は確信しています。
〔いかにして新しい単語を覚えたらいいのでしょうか〕
 新しい単語を覚えるのは、私の若い生徒にとってさえも困難です。私自身、日本語の単語は無意味な音の羅
列にしか思われません。カキマス一キキマス−キマス−カエリマス−カイマスーいやあ、驚きです。どうやって覚えればいいのですか。皆さんから助言をいただければ大変嬉しいです。でも、ここで幾つかの私の提案を述べてみましょう。
 ◇新しい単語のための 「イメージ形象」を探すように努めてください。意味のない音の羅列では記憶が厄介です。人間は通常、イメージ形象を記憶しますが、これは私たちの記憶の特性なのです。イメージ形象は皆さんの日本語にも関連があるかもしれませんし、すでに皆さんが知っている他のロシア語の単語にも基礎づけられているかもしれません。
 皆さんがすでに「окно(窓)」「снег(雪)」「берёза(白樺)」と前置詞「под(の下に)」を知っていたら、次の単語が容易に分かり、視覚的に想像し、記憶できます。подоконник(窓の敷居)、подснежник(まつゆき草−最初の春の花)подберёзовик(白樺茸)、「колокол」(鐘)という単語を知っていたら、花の名前「колокольчик」(桔梗)を容易に覚えられます。皆さんはこの単語の内部の形状に気づき、鐘の形に似た小さな花を想像できます。(чикは指小)
(続く)